私自身はどうなのだろう

子供がいれば、夫を無視して暮らしても衰の座がゆらぐことは決してないというような態度は、妻にとっても決してよい結果にならない。同じことが男性にも言える。裂には子供がいるから、仕事やその他の遊びのために、姿をほっておいても大丈夫と思っている夫もいるのではないだろうか。子供がいない夫婦は、老後は誰も見てくれる人がいるわけではないから、頼りになるのは夫だけ〈妻だけ〉とよく言う人がいる。しかし、子供がいる人でも、子供たちは育ち、やがては出会い系 アプリ を巣立って自分の新しい家庭を築いていく。子供には子供の人生があるのだから、夫婦での支え合い、助け合いを上手に育てておかなくては、高齢になってからでは、なかなかうまくいくものではない。夫婦は互いに年を重ねることによって愛の年輸を積みたいものである。夫婦で楽しむ趣味ゴルフはしなくても、ゴルフ場へ「年をとったら夫婦で同じ趣味を持つように、お互いに歩み寄らなくては:::」と、他人には言っているのに、私自身はどうなのだろうと思い出したのは、三、四年前のことだった。夫が定年後も続けるだろうと思われる趣味はゴルフである。夫はとても生き生きと、しかもあまり無理せずに楽しんでいる。七、八年前、体を悪くした時、医者の忠告で歩くのが最もよいとのことで、暑さ然、さの厳しいとき以外は、ゴルフは最もよいスポーツと勧められた。それ以来、週末に一回は行くように心掛けている。夫のゴルフのよい点は、仕事がらみがあまりなくて、友人とか、兄弟で誘い合って行く。大雨の降る中ですることもないし、朝早くから夜遅くまでということもない。それに、マイペースで突に楽しそうにやっている。やたらにくやしがったり、スコアを上げるために無理な練習を自分に課したりしない。下手な人と一緒に回って嫌味を言うタイプではない。だから、夫の趣味に合わせるとしたらゴルフなのである。そんなわけで、「ゴルフをしよう」と思い立ってもう二年以上になるのに、いっかな腰が上がらない。夫の兄からとてもいいコチも紹介されているのにである。夫はもちろん今からでもつき合ってあげるからと強く勧めてくれる。それなのになかなかする気にならない。根本的な原因は、私のスポーツ嫌いなのである。何だかんだと自分に言い訳をして延ばしたあげく一つのよい妥協策を思いついた。夫が運転してゴルフヘ行くときに一緒に車に乗って行く。そして、ゴルフ場のクラブハウ九のロビーやコーヒーショップで、本を読んだり原稿をおくことにした。